筋トレの効果

筋トレで自信がつく3つの理由!筋トレ歴4年で人生が変わった件。

こんにちは!自信満々のぷろすけ(@1129shog)です。

  • 筋トレで自信つくの?
  • なぜ筋トレで自信がつくの?

こんな疑問に、実際に筋トレを4年続けている私がお答えしていきます。

 

結論をいえば、私は実際に筋トレを通じてかなりの自信がつきました。

筋トレ前は自分に自信が全く持てず「周りは優秀なのに自分はダメなやつだ、できない人だ」と常に悲観的。

しかし、筋トレ後は何事にも「自分なら大丈夫っしょ、自分ならいけるよ!」と自信をもって行動ができるようになっています。

 

当たり前ですが、筋肉というモノが自信を生み出しているわけではありません!

 

この記事では、なぜ筋トレで自信がつくのか?を自身の体験をもとに徹底解説していきます。

この記事で分かること
  • 筋トレで自信がつく3つの理由
  • 自信がつくメリット

結論。本当に筋トレで自信がついた

筋トレを3年した結果、自信はつきました。

私は社会人になってから筋トレを始めましたが、それ以前の学生時代は全く自信がありませんでした。

そのため、全ての行動が消極的となり何事も良い方向にはなりません。

筋トレ前
  • みんなの前で話せない
  • 女子に話しかけられない
  • 常に自分なんて、、という気持ち
  • 何にでも挑戦できない
  • やる前から諦める
  • 基本ネガティブ

 

そんな自信のない学生時代を過ごしたまま社会人となり、社会人になってから筋トレを始めました。(現在4年間継続中)

すると、そこには過去の自信がなかった私はいません。

筋トレ後
  • 人前で話すことが緊張しない
  • 女子に積極的になれた
  • 自分はできるという溢れる自信
  • 何事にも挑戦する
  • ポジティブになった

人生そのものが楽しくなってきて、気持ち的にもかなり前向きになりポジティブになったんです。

 

筋トレで自信がつく理由①成功体験の連続による自信

筋トレで自信がつく理由として「成功体験」があります。

自信は「明日つけてきて!」と言われてつくものではありません。

「自分はできるんだ!」という体験を繰り返しすることで、少しずつ自信はついてきます。

そんな「自分はできる!」という経験を何回も体験できるのが筋トレなのです。筋トレは努力を絶対に裏切りません。

仕事や賭け事の場合は、結果に必ず運が絡んできます。

そのため100%努力したからといって、必ずしも良い結果が出るとは限りません。

また、仕事の場合はどれだけ頑張って結果を出しても、その多くは月1万程度の昇給のみ。

そもそも結果がでなければ、「俺って頑張ってもこの程度なのか…」を自信を失ってしまいます。

その点、筋トレは努力すれば必ず成功することができます。

ぷろすけ
ぷろすけ
『筋肉は裏切らない』この言葉は本当だよ

そのため、筋トレを真面目に続けていると、最初は挙がる気配すらなかった重量があげられるように。

「あれ?俺ってすごいじゃん…!」

「知らないうちに成長してたんだ…!」

筋トレはこのように「自分はできるんだ!」という体験の連続なんです。

 

筋トレというのは、毎回自分のベスト・限界に挑むトレーニング。

  • 昨日の自分より今日の自分
  • 今日の自分より明日の自分

この積み重ねが日々の進化に繋がってきます。

すると、いつのまにか前よりも圧倒的な成長を感じることができるのです。

仕事の成果=努力50%・運50%
筋トレの成果=努力100%

筋トレで自信がつく理由②見た目の変化による自信

想像してみてください。

自分の身体が今よりも引き締まって、厚い胸筋と割れた腹筋になったらどうですか?

「俺ってイケてる…!」

「俺ってかっこいい!」

正直そう思いますよね?私は思いましたし、今も思ってます(笑)

 

 

自分の身体がカッコよくなる高揚感は、ちょっと良いブランドの良い服を着ると、自然とテンションあがって気分がよくなるのと似ています。

 

でも服は買った直後が一番嬉しいですし、時間の経過とともに高揚感はなくなり服も傷んでいきますよね。

しかし、筋トレをして手に入れた良い身体は日々の筋トレで常に最高の状態に。

なので、筋トレを続ける限り、半永久的に「自分はイケてる」という高揚感を味わうことができます。

カッコいい肉体が着るユニクロが最もオシャレがカッコいい」これは間違いありません。

 

さらに、みなさんの周りに筋肉がついたカッコいい身体の人っていますか?

おそらくあまりいませんし、いたとしても少数ですよね

日本はフィットネスのブームがきているとはいえ、まだまだ人口は少ないのが現実。

そのため周りの人から

「○○君の身体かっこいいよね」

「最近痩せた?」

など変化に気付いてもらえます。

  1. 肉体の変化による自分の内からの自信
  2. 周りからのフィードバックによる自信

これら2つの自信を得ることができ、あなたの自信メーターはぐんぐん加速していきます。

 

筋トレで自信がつく理由③ホルモン分泌による自信

筋トレをすると、ポジティブなホルモンがどばどば分泌されています。

中でも男性ホルモンであるテストステロンは、やる気・闘争心を高める効果が。

「よっしゃ!いっちょやってやるか!」

「うしっ!がんばろ!」

自然にそう思えてきます。

テストステロンについては、「男らしさに源!テストステロンとは」を参照ください。

 

テストステロンの他にも様々なホルモンが分泌されます。

〇ドーパミン
→脳内ホルモンの1種。生きる意欲がわき、快感・幸福・意欲の役割を担っている。

〇エンドルフィン
→脳内ホルモンの1種。ゆったりとした幸福感が得られる。免疫力が高まり病気にかかりにくくなる効果も。

〇アドレナリン
→神経伝達物質の1種。興奮状態になり、いつも以上の力を発揮できる。

〇セロトニン
→脳内ホルモンの1種。落ち込み、やる気の減退、イライラなどのネガティブな感情を和らげる。

実際に私は元気が出ない時は、あえてジムへ行き筋トレをするようにしています。

筋トレをしてテストステロンを分泌させることで本当に元気が湧いてきます。

また、テストステロン分泌には亜鉛も欠かせません。

亜鉛は1日数円で続けられるので、男性のみなさんには必須と言えるサプリメントです。

created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)

筋トレで自信がつくことによるメリット

日本人は総じて自信がありません。

それが謙虚という意味では良いかもしれませんが、やはり自信はあって損はありません。

筋トレで自信がついて実際に感じているメリットを紹介します。

モテ効果が半端ない

1番嬉しかった効果が「モテ効果」です。

私は学生時代まで全くモテず、付き合ったことも1回しかありませんでした。

  • バレンタインもらったことない
  • 共学の4年制大学で1人もライン交換できず
  • みんなでワイワイするのも苦手
  • 女子に話しかけられない

こんな調子なので、モテるはずもありません。

しかし、自信をつけることで女子に積極的になれます。

自信がない人

「俺なんかが話しかけても、、」という思いが先行していまい積極的になれない。

自信がある人

その自信が言動や表情から感じることができ、頼れる男に。

自信があるため、女性のも積極的に話しかけられる。

 

女性からしてもどこかクヨクヨした自信のない男よりも、堂々としていて引っ張っていってくれる男の人の方が良いですよね。

実際、私は筋トレ後はたくさんの女性と遊び、可愛い彼女もできました。

筋トレとモテの関係性については「筋トレするとモテる理由を解説」を参照ください。

心配性を克服し、仕事の悩みが減る

私はかなりの心配性でした。

仕事で心配なことや失敗をするたびに

仕事で心配なことやミスをするたびに、明日どうしよう。と常に悩む毎日

これがストレスでたまりませんでした。

「考えないようにしよう」と思えば思うほど、心配になってしまって解決できない。

結果としてたいしたことないのに、毎回心配してしまう自分が嫌になる一方。

しかし、自信をつけることで心配する毎日とはお別れできました。

まぁなんとかなるでしょ!

悩んでいても仕方ないし、自分ならなんとかできるだろう。という自信から悩むことが一切なくなりました。

筋トレとメンタルの関係性については「筋トレはメンタルトレーニングにもなる理由」を参照ください。

筋トレで得られる自信は仕事や私生活にプラスとなる

筋トレは自分との闘いです。ズルや卑怯な真似は決してできません。

その分、結果が出たら要因は自分の努力が100%。

結果=自分の努力

努力が必ず実を結ぶため自信をつけるにはうってつけです。継続すればするほどメキメキと自信がみなぎってきます。

自信がつくメリット
  • 頼りある男になれる
  • 女性からモテる
  • 悩まなくて済む
  • ポジティブになれる

筋トレで人生が変わる。筋トレが最高のソリューションであると言われる根源は自信にあります。

自信がつくことで、人が抱えるあらゆる悩みは解決します。

筋トレのヤル気を最大限に高めたい方は「超 筋トレが最強のソリューションである」がおすすめ!

これを読んでら筋トレしたくなること間違いなしです。

『超 筋トレが最強のソリューションである』を読んだ感想。Testosterone著者の筋トレシリーズ。 あなたもこの人の本を一度は本屋で目にしたことがあるでしょう。 そんな中でも筋...