コンビニ飯

【筋トレ飯】どこのコンビニでも買える高タンパクな商品を紹介!

こんにちは!ぷろすけ(@1129shog)です。

  • 自炊はめんどくさい…
  • 外食は高い…
  • 筋肉に良い食事取りたい…

そんなわがままに答えてくれるのが、コンビニ飯です。

最近のコンビニでは、フィットネスブームに先立ち多くの高タンパク商品が並んでいます。

そこで今回は、どのコンビニでも買える筋トレ後に食べたい筋肉飯を紹介します!

筋トレ飯の選定基準

実際に私も食べている商品を紹介します!

メニューを選ぶ基準は高タンパク・低脂質です。炭水化物(糖質)は筋トレのエネルギーとなるため削ることはしません。

各商品のPFCとメニュー全体でのPFCを記載していきます。

  • P…タンパク質
  • F…脂質
  • C…炭水化物

どのコンビニでも買える筋肉飯一覧

オイコス

P:9.6g F:0g C:13.0g

オイコスは非常に栄養素が優れたヨーグルトです。

パッケージにも前面に押し出されていますが、タンパク質量が豊富でかつ低脂質というTHE筋トレ飯。

味も非常に美味しく、栄養素抜きにしても大好きなヨーグルトです。

味の種類も豊富で、どこのコンビニやスーパーでも買える万能商品。

ちょっと甘いもの食べたい、デザート欲しい。そんな時なこのオイコスで決まりです!

ザバス プロテイン

P:15.0g F:0g C:10.0g

今やプロテインがコンビニで買える時代。

ザバスのミルクプロテインは比較的どのコンビニにも売っています。

栄養素はプロテインなだけあって優秀極まりありません。

タンパク質が15g摂取できて、脂質は0g。味の種類は基本であるグレープフルーツ風味の他にたびたび色んな味が出ます。

私は、基本のグレープフルーツ味が一番さっぱりしていて好きです。熱くなる夏の時期でもゴクゴク飲めちゃいますよ。

最近、他のメーカーもプロテインという名のドリンクを多数販売しています。

しかし、どれも砂糖が大量に入っているなど決して優秀なドリンクではないものばかり。

コンビニでプロテインの場合は、ザバス一択です。

プロテインバー

プロテインバーも今やコンビニには必ず売っている商品です。

コンビニで売っているプロテインバーは主に下記2つ。

ウイダープロテインバー

日本でのプロテインバーといえば代表格はウイダープロテインバーです。

ちなみにベイクドタイプとウェファータイプは脂質が多いので注意が必要です。

P:10.0g F:10.0g C:15.0g

対して、グラノーラタイプは脂質がグッと抑えらているので、可能であればグラノーラタイプを買うべきです。

P:10.0g F:0.7g C:14.0g

 

一本満足プロテインバー

P:15.0g F:8.2g C:12.3g

こちらも最近、多くのコンビニや薬局で手に入るようになりました。

タンパク質の量で見ると、ウイダープロテインが10gに対して、一本満足は15gとかなり優れています。

しかし、脂質が8gも含まれているため総合的に見るとウイダーのグラノーラタイプのプロテインバーの方が優れているでしょう。

しかし、菓子パンやお菓子を食べるよりは数倍いいので小腹が空いた時にはもってこいです。

 

ちなみに、海外のプロテインバーはタンパク質量が30g超えなど栄養素が日本よりも優れています。

コスパ最強なマイプロテインでも様々なプロテインのお菓子が売っているので、ぜひ見てみてください。

マイプロテインで購入すべき商品7選」でも紹介しています。

味付たまご

P:6.4g F:5.1g C:0.3g

味付け玉子も比較的どのコンビニにも売っている万能商品です。

黄身に脂質が多いため、多少気にはなりますが玉子はアミノ酸スコアが100点であり、栄養素が完璧です。

値段も70円~80円くらいと安いので、お昼にもう一品!ってときに最適ですね。

したらば

P:6.4g F:0.9g C:6.5g

したらばもどのコンビニにも売っている優秀な商品です。

脂質が1g以下と低いのが魅力的。

また、スティック状になっているため食べやすく、仕事場のデスクの上でも食べられます。

1本のサイズも大きいので食べ応えも抜群です。

サラダチキン

P:26.9g F:1.7g C:0.2g

今やどのコンビニにも必ずあるサラダチキン。

その栄養素は他の商品の中でも群を抜いています。

コンビニや味の種類によってばらつきはありますが、脂質と糖質がほぼ0に近く、タンパク質は約25gを摂取できます。

まさに筋トレやダイエット時には最強の商品!

今では、各コンビニで様々な味が展開されており、飽きさせない工夫がされています。

私のお気に入りはダントツでスモークです。

サバ缶

P:31.9g F:10g C:0.2g

サバ感もサラダチキンに負けないくらい優れた食品です。

可食部のみを食べても脂質が10gを超えますが、サバの脂質はEPA・DHAの良質な油のため気にすることはありません。

EPA&DHA
  • EPAは内臓脂肪を減らす役割
  • DHAは脳を活性化する役割

→痩せるホルモンを促進するともいわれている。

サバ缶は味噌煮もありますが、味噌煮は砂糖が含まれているため糖質が高くなりがちです。

できれば水煮を積極的に食べていきましょう。

生ハム

P:11.0g F:2.7gg C:2.5g

生ハムも糖質・脂質が低く、タンパク質が多い商品です。

今やどのコンビニでも売っており、そのまま食べても良し。お酒のおつまみにも良し。と万能食品。

もちろん味も非常に美味しく、誰もが大好きな商品でしょう。

 

まとめ。コンビニは優秀商品の宝庫

今回はどのコンビニでも買える「高タンパクな商品」を紹介しました。

今やどこのコンビニにも優秀な商品が陳列されています。

自炊が面倒な時や、仕事の日の昼食がコンビニになることも多いでしょう。そんな時は上記の商品を参考に買ってみてください。

コンビニ別の商品をまとめています。