ジム

【スポーツジムは金の無駄?】使えばむしろ安い理由をジム歴4年の細マッチョが解説

こんにちは!ジムが大好きなぷろすけ(@1129shog)です。

  • ジムって高いよね
  • みんな金持ちなの?
  • ジムはもったいない気がして気が引ける

こんな疑問を解決できる記事となっています。

 

なぜなら私は過去3年間で3つのジムに通ったことがあるからです。

  1. 市営のジム
  2. マシンだけの24時間ジム
  3. 総合スポーツジム

 

「ジムって高いイメージがある」

「お金に余裕がある人が行くところでしょ?」

その気持ち痛いほど分かります。

 

私も、昔ジムに会員登録しにいくときは2,3日まじで悩みましたからね。。

 

その後、さまざまなジムを使ってきた結果「ジムはむしろ安いな…」と感じています。

 

この記事で分かること
  • ジム費用の特徴
  • それぞれのジムの特徴
  • お金の無駄になる原因
  • 安いと思える方法

金額的にスポーツジムは安くはない

ジムは毎月お金がかかる

まず前提として、ジムは費用を見ると安いものではありません。

 

地域によってばらつきはあるものの、7,000円~10,000円程度。

※都内の場合、15,000円近くするジムも…

 

しかもこの金額は最初だけではなく、月額なので毎月費用がかかります。

 

しかし、ジムが高いのにはそれだけの理由があります。

 

多くの人がイメージしやすいマシンがあって、プールもあって、大きなお風呂もある総合スポーツジムを例にしてみます。

総合スポーツジムをフル活用した場合

入り口で会員カードをかざし、受付のお姉さんが気持ちのいい笑顔でいってらっしゃいませと言ってもらってやる気アップ

掃除が行き届いた綺麗なロッカーで着替える

ランニングマシンや、バイクでテレビや音楽を聴きながら有酸素運動

多種多様なウエイトトレーニングで筋トレ。使い方が分からなければスタッフが優しく教えてくれる。

スタジオではヨガやフットサル、バスケなどのイベントも目白押し。もちろん全て無料

汗をかいたあとはロッカーに大きなお風呂に浸かってリラックス。サウナで汗をかくのもよし!

もちろんロッカーには自動販売機も完備。冷たい飲み物が身体に染みわたります。

出口では、ジムのスタッフにお疲れ様でした!と送り出してもらえる

 

恵まれすぎぃぃいいい!

 

受付のスタッフ、トレーナー、清掃の方、お風呂などジムには様々なコストがかかっています。

 

そりゃ月10,000円近くするのも納得です。

ジムのタイプ別の特徴

スポーツジムの写真

ジムにはたくさんの種類があります。

  • 市営のジム
  • 器具だけの無人ジム
  • 総合スポーツジム
  • 個別ジム

それぞれ特徴があり、各サービスの内容によって価格も違ってきます。

 

『あなたがどこを重視したいか』によって、選ぶべきジムを自然と決まってきます。

各ジムの特徴をまとめた図

市営のジム

特徴
  • 安い
  • とにかく安い
  • 設備は古く種類も少なめ

とにかく安い!めちゃめちゃ安い!」

 

だいたい1回あたり200円とかで利用ができます。

 

そのため、とにかく安いところがいい!という人は、近くの市営ジムを調べてみましょう。

 

もちろん器具などは古く、最新のものはありませんが、初心者の方にはうってつけとも言えます。

器具だけの無人ジム

特徴
  • 総合ジムより安価
  • 24時間運営
  • ランニングマシンや筋トレマシンのみ

こじんまりとした空間にマシンがぎっしりと並んでおり、基本的に無人。

そんなジムが近年増えています。

 

1番有名なのは、エニタイムフィットネス。

今では国内に500店舗が出店しており、私も昔お世話になりました。

無人の24時間運営ジム

ジムの中は本当にシンプル。

更衣室が2,3個。シャワー室も2,3個あり、あとはマシンが並んでいるだけです。

 

そのため「とにかく筋トレをするぞ!」と身体を鍛えることだけを目的とした人におすすめです。

 

また、24時間使えるので夜遅くに使いたい人にも助かりますね。

総合スポーツジム

特徴
  • マシン、プール、スタジオ、お風呂あり
  • 広い
  • 様々なサービスあり

私はこの総合スポーツジムをおすすめします。

 

総合スポーツジムは、1つの建物に様々なエリアがあり、全てを楽しむことができます。

  • ジムエリア
  • プール
  • スタジオ
  • 大きなお風呂

「これだけの施設があれば料金が高いのでは?」と思いますよね。

しかし、ぶっちゃけ器具だけの無人ジムと料金に大きな差はありません。

 

私の近くには総合スポーツジムが3件、器具だけの無人ジム(エニタイムフィットネス)が1件あります。

 

各店舗の価格は以下の通り。その差はわずかです。

  • 総合スポーツジム…月8,000円
  • 器具だけ無人ジム…月6,800円

 

また、総合スポーツジムは、使い時間帯や曜日によって様々な料金体系があるので、自分にあったものを選べます。

 

近くにジムがある人はぜひ見学だけでも行ってみてください。

個別のパーソナルジム

特徴
  • 個別のトレーナーがつく
  • 徹底した管理
  • 最短、最速で結果が出せる

こちらはみなさん同じものライザップのような一人一人にトレーナーさんがつくタイプのジムです。

  • 徹底したトレーニング
  • 徹底した栄養管理
  • 徹底したメンタルサポート

 

筋トレだけでなく、食事管理などのサポート体制がずば抜けています。

こんな人におすすめ
  • 短期間で結果を出したい
  • 筋トレや食事の知識がない
  • 意志が弱く一人では続かない

やはり定番はライザップです。

もちろん金額は高くなりますが、短期間で筋トレのメリットを享受できるのでおすすめです。

筋トレのメリット10選!筋トレ歴4年の細マッチョが実際に感じた効果を解説しますこんにちは!ぷろすけ(@1129shog)です。 このような疑問を解決し、これから筋トレをすると待っている未来の自分を想像...

ジムは数多く通わないと金の無駄になる

ジムに通わずにお金の無駄となっている人

ジムに会員登録として、実際に継続できる人はごくわずかです。

ジムに行かない言い訳
  • 今日は残業で遅いし…
  • また明日頑張ればいいや…
  • 今日1日くらい行かなくてもいいや…

人間の心は本当に弱いですね…(笑)

 

その結果、週1日、月1回…最悪の場合、月に1回も行っていない…なんてことになりがち。

 

月額10,000円の場合、月に行く回数ごとの金額を見てみましょう。

1回あたりの金額
  • 週2回→1回約1,200円
  • 週1回→1回2,400円
  • 月1回→1回10,000円
  • 月0回→毎月10,000円捨てる

いかがでしょうか

月に行く回数が数回違うだけで、1回あたりの金額を変わってきますよね。

 

月に1回の人なんて1回あたり10,000円です。

この費用であれば個別のパーソナルジムに通うことだって可能ですね。

 

ジムに登録して行かないのは本当に損だということが分かったかと思います。

 

何より大切なのは継続してジムに行くこと。

 

ジムを続けるコツとして『筋トレの変化を実感すること』があげられます。

 

変化を実感できれば楽しくなりますし、ますます頑張ろうと思えますよね。

しかし、1回の筋トレで変わるのは本当に僅かで実感するには時間がかかります。

 

筋トレ初心者の方はHMBサプリメントを摂取しましょう。

 

HMBは筋トレ初心者には効果的であると国際スポーツ栄養学会が発表しているサプリメント。

  • 筋タンパク質の合成を促す
  • 筋タンパク質の分解を抑制
HMBとは?おすすめのHMBサプリメントをランキング形式で紹介!こんにちは!ぷろすけ(@1129shog)です。 こんな疑問を解決し、あなたにおすすめのHMBサプリが見つかる記事となって...

ジムをお風呂替わりに利用すれば安い

お風呂

私はジムに行く目的をお風呂に入りに行くことにしています。

 

毎日入るお風呂をジムにすることでジムに必ず行きます。

さらに、ジムにいってしまえばついでに筋トレをする気にもなります。

 

また、ジムのお風呂を毎日使うことで、家で入るとかかるはずの水道代・ガス代が節約になります。

 

仮に毎日お風呂(200L)を貯めて使っていると、1回あたり約120円かかります。

参照:お風呂に入るための値段は1回いくら?

120円×30日=1カ月3,600円

 

全てをジムで賄うことで、月に水道代・ガス代が3,600円の節約となる計算になりますね。

 

実際、私は一人暮らしですが毎月のガス代と水道代は約1,500円ずつとかなり安価で抑えています。

 

さらにジムにシャンプーとボディソープもあるため、そちらも節約に!

月に4,000円程度の節約になっている!!

 

ジムの会員費7,000円から4,000円を引くとたったの3,000円。

3,000円で設備が充実した綺麗なマシーンを使えると考えると、かなり安いと言えるのではないでしょうか。

ジムを安く使うには少しでも多く行くことが大切

ジムに行く

「ジムは高そう…」

「お金もちが行くところ…」

このイメージは視点を変えると変わります。

 

ジムは月額制なので必要以上にお金はかかりません。また、月額数千円で様々なサービスを受けられます。

 

そして、月額制だからこそ、【いかに多く通うか】大切になってきます。

 

ジムにたくさん通うためにはジムに行く目的をお風呂にしちゃいましょう!

 

このことからも私は多くの方に総合スポーツジムをおすすめしています。

広い快適な設備で筋トレもできて楽しいですよ。

【筋トレを続けるコツ】ガリガリの筋トレ嫌いが習慣化した方法を紹介筋トレが続かない、継続できないといった悩みに対して、会社に勤めながら週5日ジムを4年間継続している細マッチョが、ジムを続けるコツを紹介します。全て実際に体験して効果を実感したコツなので参考にして、あなたも筋トレライフを送りましょう。...